しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ブログ( 382 )

冬の相棒


b0048310_11190827.jpg


MACのリップコンディショナー、とても助けてもらっています。

唇の乾燥で毎年あれこれとリップクリームを試しているのですが、去年から、このリップクリームがとてもお気に入りです。
[PR]
by cariie | 2014-12-05 10:42 | ブログ

晴れ

今日は、具合も良くなって、お天気も回復して、何だか心も元気になった感じがします。

昨日までは、ぶり返す風邪や、寒さに雨で、心まで風邪を引いていたようです。とっても辛い事ばかり心に浮かんでいました。

窓から射す優しい光が、暖かいです。

b0048310_11190833.jpg


今朝は暖かいカフェオレを飲んで、また寝ています。
[PR]
by cariie | 2014-12-05 10:05 | ブログ

クリスマスケーキ

今月の中旬から父が入院します。脊椎狭窄症という病気で、手術をしなくてはならなくなりました。

何だか心がざわざわします。

昔大きな交通事故に遭った父なので、何度も手術を経験していますが、やはりその度に胸とお腹がギュッと締め付けられるような不安が襲ってきます。

大小合わせると、数え切れないほどの手術を受けてきましたが、クリスマスだけはずっと家族で過ごすことが出来ていました。

入院している時も、クリスマスだからという理由で一時帰宅し、家族でクリスマスを過ごしました。

実は、父の交通事故以前は、とても両親の仲が悪く、父が多分死んでしまうという事故に遭った時に、母はそのまま出ていくだろうと姉も私も思っていました。

けれども命が消えゆくのを目の前に、母は父のことを、父は母のことをとても大事にするようになりました。お互い、そばにあるときには衝突し、憎しみ合ってしまった存在だったのですが、この人と死が分つ、と感じた時に、なくてはならない存在だったことを初めて感じたようです。

それから、奇跡的に父は命が助かり、代償として身体に沢山の障害が残りました。

医学の進歩の恩恵を受けるように、障害の手術法が確立される度、手術を受けて来ました。

私は、子供の頃、外でいじめにあい、家庭では居場所がなく、受け入れてもらえる場所知らずに育ってきたので、暖かい家庭というものに憧れがありました。それは、両親も同じで、2人とも無情な幼少期を送ってきた両親にとって、暖かい家庭というのは憧れだったようです。

事故後、父が家に帰れるかもしれない、というのが12月のクリスマスのことでした。だったらお祝いをしようということになり、まるでおままごとを家族全員でするように、クリスマスにはケーキを買って、テーブルを囲み、一緒にケーキを食べました。仲良く話すことなどなかった家族ですので、おしゃべりをしたりは出来ず、ただ、もくもくとケーキを食べただけだったのですが、それ以来、我が家での毎年の行事になりました。

けれども、我が家にとっては、とても大切な行事だった、一緒にケーキを食べる、ということが、今年は出来そうにありません。それが余計に不安を掻き立てます。
[PR]
by cariie | 2014-12-04 16:50 | ブログ

子供の目線

どんな子供時代を送られましたか?

私は、暗い暗い闇の中にいました。

元々激しい人見知りで、引っ込み思案だったのですが、転校をして、行った先でいじめにあい、どんどん暗い世界に引きこもるようになりました。

2年生から6年生まで、ずっといじめが続いて、不登校も酷かったですし、たまに学校に行っても、誰にも口をきいてもらえずに、お友達とおしゃべりをした、という記憶がないんです。

これは、私の奥底に刻み込まれて、いつも私は、価値のない人間、居ても居なくても誰も気が付かない人間という自分を抱えています。

今は、明るく振舞うことが上手になりましたが、本当は酷く自信がありません。

普段の生活に現れているようで、人と目を合わせて話すことは、今も出来ません。友人や家族とも目を合わせることがありません。外出では、いつも下を向いて歩いています。

でも、下を向いて歩いていると、子供と目が合うんです。

下からのぞき込むように子供が見上げて来ます。子供達とは不思議と目を合わすことが出来ます。目が合うと、好奇心いっぱいの子、迷子になった子、色んな子供が話し掛けてきます。

何買うの?とか、ママどこ?とか。

よく一緒にママを探します。

そう言えば、近頃の子供は、迷子になってもあまり泣かないです。なぜでしょうか?先日も幼稚園くらいの女の子に「ママが見つからないの。」と相談されたのですが、まるでかくれんぼをしているかのように、ママを楽しんで探していました。

レジの所で出会っても、ママー!とかではなく、あ、いた、という感じで、とても落ち着いているんです。いつも来るスーパーだからあまり怖くないのでしょうか?

純粋な子供達を見ていると、素直に育って欲しいなぁ、と思います。

私みたいに歪んでしまわないで欲しいです。
[PR]
by cariie | 2014-12-03 12:23 | ブログ

ぶり返した(´;ω;`)

風邪が治ってから、大事にしていたのですが、何故かぶり返してしまいました~(´;ω;`)

昨日からちょっと動くのが億劫だったのですが、今朝になったら寒気がして、体がだるく、どうやらぶり返した模様です。近頃よく風邪を引いて、熱まで出すので、自分の体力に自身がありません。
[PR]
by cariie | 2014-12-03 12:01 | ブログ

素敵なおみ足


b0048310_11190934.jpg


アーちゃんが不思議な格好で寝ています。

b0048310_11190969.jpg


後ろ側から。

あんよがクロス~(o^ω^o)

b0048310_11190928.jpg


クロス~。

b0048310_11190978.jpg


ぷにぷに~。
[PR]
by cariie | 2014-12-01 18:14 | ブログ

買い物依存症の特徴

1つとても自分がして来たとは思えない、確かに病的な行動がありました。

同じものをいくつも頼むのです。

同じものをいっぺんに大量に購入する事もあるのですが、これ、と思った商品があると、すでに注文している気はするのに、何度も検索してまた注文する、それが商品が到着し出すまで続いて、いくつも同じ物が来ると、反省もなく、また次のものを物色しだして、同じように何度も注文する、ということを繰り返していました。

届くまで同じ物の注文を繰り返す、というのが特徴だったように思います。届いてみると、もうどうでも良くなるのですが、手に入れるまでは、異常な執着をしているんです。

少し前までは、こんな状態でした。

なぜ、ふと目が覚めたのかというと、いつも同じ物が届くと、おすそ分けしていた友人が、嫌そうな感じがしたんです。

大量の緑茶を上げてしまった時のことでした。いつもは、助かる、ありがとう、家族が喜ぶ、と言ってくれていたので、迷惑していることに気が付かずにいました。でも、ふと、困ったような顔を見てしまったんです。その時初めて、自分にとって、いらないものを押し付ける、都合のいい相手にしていたことに気が付き、とても申し訳ない気持ちになりました。

大切な人を自分の強欲の巻き添えにしてる、と思った時に、何もかも見失っている事に気が付くことが出来たんです。

それから、お買い物はすまい、と心に決めました。最初の頃は、ネットの商品を見て回るのが癖になっていたのでイライラしたりしたのですが、まずはやめることから初めて、そして、どうして必要なのか、現実にいくつ必要なのか、ちゃんと使うあてのあるものだけを買うようにしました。

結局ネットで買うものは、猫ちゃんたちの特殊なご飯と、猫ちゃん用品で、ホームセンターで手に入らないものくらいでした。毎日いくつものダンボールが届いていたのですが、今は、月に2個くらいです。

友人に感謝しなくてはなりません。まだ、誰にも買い物依存症のことは言っていないので、彼女に謝りたいのとありがとうと言いたいのですが、どう切り出せばいいのやら、まだ上手く伝えられていません。
[PR]
by cariie | 2014-11-30 13:47 | ブログ

なるほど


b0048310_11185956.jpg


アプリから画像がアップ出来なくなっていたのですが、どうやら私は、新機能のボタンを間違えて押していたらしく(右下の白の四角)、それがアップ出来ずに固まってしまっていた原因のようです。

四角の部分は避けて、画像をタッチすると、難なくアップ出来ました(o^ω^o)

今日は、だいぶん調子が良かったので、溜りに溜まっていた洗った洗濯物を畳みました!すごい量でしたが、暗くなる頃には片付きました~。もう無理かも、と手を付けられなかったのですが、やってみれば出来ました。

でも疲れました~。
[PR]
by cariie | 2014-11-29 21:37 | ブログ

最後のお買い物


b0048310_11185992.jpg


大量のお買い物を毎日のようにしていた時の、最後のお買い物は、お財布とスニーカーでした。

右のPRADAのお財布、とても気に入っていたのですが、すこし小ぶりに作ってあり、カードの出し入れがしにくかったのと、小銭の部分が仕切がないので、使いにくかったんです。

新しい左側は、ピンキー&ダイアンのもの。すこし派手だな、と、思ったのですが、ゆったりと作られていることと、小銭の部分に仕切りがあるので、これいいかも、と、それ程深く考えずに買いました。

深く考えずに衝動買いを繰り返す、というのが、買い物依存症独特だったな、と今は、思います。

今は、本当に必要か、ちゃんと考えられるようになりました。

このお財布も、以前なら気まぐれで、使ったり、そのまましまっておいたりだったのですが、これ以降は、壊れるまで買わない、と決めているので、大事に使おうと思います。実際、PRADAのものより使いやすそうで、助かります。
[PR]
by cariie | 2014-11-29 10:02 | ブログ

デンマークに行くのが夢です

そろそろクリスマスのシーズンですね。

私の昔からの夢は、クリスマスをデンマークのチボリ公園で過ごすことでした。若い頃はロマンチックな気持ちで捉えていたので、新婚旅行で行けたらいいなぁ、なんて思っていました。

でも、私は、恋に臆病な人で、結婚も夢のまた夢、のように思っていたので、相手が居なくて、ついにその夢は諦めて、いつか、一人で行こう、と変更していました。

今は、猫ちゃんが7匹もいるので、これまた一人旅など出来そうにありません。トホホ~。
[PR]
by cariie | 2014-11-29 00:09 | ブログ