しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

再起

熱が下がってきました。体が楽になってきて、すごく嬉しいです。

いっぱい汗をかいたのと、とにかく髪が気持ち悪いのでお風呂に入りたいのですが、用心して、今日まで我慢我慢。

寝ている間にいろいろ考えてしまって、私、ダメだな、と反省しています。

姉が急に亡くなって、アパレルの会社を継ぐことになって、私は、無理して人に合わせようだとか、よく思われたいという気持ちが強いので、当初は、無理はすまい、長く続けられるように、自分を見失わないでおこうと強く思っていたのですが、

3年経つうちにやはりこうありたいという姿に無理して近づこうとしていました。

浪費癖が付いてしまったのは、そんなストレスを分からずにいたからみたいで。

要らないものばかりを買って、要らないから全く満足感が無く、またネットとカードであっさりと手にしたものは有り難みが無く。

「お店では見つからないものが買えて便利」から始まったネットショッピングが、いつの間に商品を見つける快感と、それを自分のモノにする強欲な気持ちで依存症になっていて、家が品物で溢れても、気が付かない恐ろしいことになっていました。

そうしている時だけ、何かをコントロール出来ている経営者であるような感覚でいたようです。

熱が出て、寝込んで、コントロール不可能になっていた皮肉な現状に気が付きました。

沢山の品物に囲まれて、得たかったものはなんだったろう?と考えました。

多分、最初は、会社に着ていっても恥ずかしくない服、程度だったと思います。それが、センスが良く思われたいとか、やっぱりアパレルの経営者だよねと思われたいとか、そんな事に変わっていって。

段々、それに合う靴、バッグ、アクセサリー、そして生活そのものまでもおしゃれ、というものまでも欲しくなってしまって。

元は、質素だけどかわいいような物が好きでした。少しだし安いし。そんなものが好きな体質です。自由に風のように生きるのが理想でした。

やはり、こうして反省してみても、経営者として恥ずかしくないことは大切だと思います。そうならなければなりません。でも、それは、自分をコントロールするという当たり前のことが出来てからの事。進む方向、順番、そして質、全てにおいて間違っていました。

本当に自分を磨く事や、実際に努力する事をしなくては、成長はありえません。

これからは、自分を厳しくしつけていこうと思っています。
[PR]
by cariie | 2014-11-23 22:24 | ブログ