しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

買い物依存症の特徴

1つとても自分がして来たとは思えない、確かに病的な行動がありました。

同じものをいくつも頼むのです。

同じものをいっぺんに大量に購入する事もあるのですが、これ、と思った商品があると、すでに注文している気はするのに、何度も検索してまた注文する、それが商品が到着し出すまで続いて、いくつも同じ物が来ると、反省もなく、また次のものを物色しだして、同じように何度も注文する、ということを繰り返していました。

届くまで同じ物の注文を繰り返す、というのが特徴だったように思います。届いてみると、もうどうでも良くなるのですが、手に入れるまでは、異常な執着をしているんです。

少し前までは、こんな状態でした。

なぜ、ふと目が覚めたのかというと、いつも同じ物が届くと、おすそ分けしていた友人が、嫌そうな感じがしたんです。

大量の緑茶を上げてしまった時のことでした。いつもは、助かる、ありがとう、家族が喜ぶ、と言ってくれていたので、迷惑していることに気が付かずにいました。でも、ふと、困ったような顔を見てしまったんです。その時初めて、自分にとって、いらないものを押し付ける、都合のいい相手にしていたことに気が付き、とても申し訳ない気持ちになりました。

大切な人を自分の強欲の巻き添えにしてる、と思った時に、何もかも見失っている事に気が付くことが出来たんです。

それから、お買い物はすまい、と心に決めました。最初の頃は、ネットの商品を見て回るのが癖になっていたのでイライラしたりしたのですが、まずはやめることから初めて、そして、どうして必要なのか、現実にいくつ必要なのか、ちゃんと使うあてのあるものだけを買うようにしました。

結局ネットで買うものは、猫ちゃんたちの特殊なご飯と、猫ちゃん用品で、ホームセンターで手に入らないものくらいでした。毎日いくつものダンボールが届いていたのですが、今は、月に2個くらいです。

友人に感謝しなくてはなりません。まだ、誰にも買い物依存症のことは言っていないので、彼女に謝りたいのとありがとうと言いたいのですが、どう切り出せばいいのやら、まだ上手く伝えられていません。
[PR]
by cariie | 2014-11-30 13:47 | ブログ