しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

保険のこと

保険を薦められ、ちゃんと説明もしていただいたので、加入を検討していたのですが、やっぱり、イマイチ納得がいかず、保留にさせてもらいました。

安い保険だったら考えもせずに入ってしまったところですが、貯蓄も兼ねようと思っていたので、月々がかなりの高額支払いになるタイプを選んでいたんです。

備えあれば憂いなし。

でも、病気になったのに保険が出なかったとか、手術が適応外だった、とかよく聞きますよね。掛け金が全く返ってこなかったとかもありますし、それって、本当に備えなの?と思います。

なぜこんなことが起こっているのか、保険屋さんに聞いたのですが、よくわからないからと、薦められるプランのことを本当に理解せずに入っていると、知らなかったルールがあり、手術になってもその手術は適応外ということがあったり、入院は、5日以降からしか出ないし、勝手に掛け捨てに9割りを当てられ、貯蓄には1000円しか回っていなかったりするするそうなのです。でも、保険は素人には難しく、専門的な知識がないと理解は難しいのだとか。多くの人が理解せずに入っているそうなのです。

話を聞けば聞くほど、保険とは完璧に保証してくれるものではないんだと怖くなりました。もし加入するのならば、怪我や入院になればちゃんと出ることがわかっていることと、どのくらい貯めていて、最終的に幾ら返ってくるのか、分かっていなければ、備えとはいえません。

病気になったとき保険が降りれば安心です。でも、どんな病気になるかは、分かりません。今は、三大疾患か婦人科系の病気でないと保険は下りません。どんな病気になっても出る保険て無いんです。入院になれば入院代は出ますが。

そして、よくよく話を聞いてみると、貯蓄型でも100%の、返還ではなかったんです。満期まで貯めたときでも、90%しかかえってきません。病気も確実に保証されていない、貯めようとしても100%返ってこない。なんだか、行き詰まった感じがします。いろんな意味で100%ではないんです。保険て、本当に危うい。安心なようで確実ではないんです。

今回、たった1日でこんなに沢山の情報が入ってきた上に、納得いく保障のためには高額の支払いをしなければならない、どうする?という重大な決断をせまられ、パニックになりました。それで、保留にしました。

全部のことを否定的にとらえるから、こう不安になってしまうのですが、やっぱり、こういうモヤモヤを抱えたまま、不安な気持ちで保険に入っても、保険ではないんです。
[PR]
by cariie | 2014-06-11 18:39 | ブログ