しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

女子校育ち

私は女子校育ちなので、お外の人が、女子校って殺伐としたイメージがあるとか、女社会が怖そうとか言ってるのがさっぱりわからない?

思い出すと、温室でほわほわ育てられているような、いつも笑っていた学生生活だったもの。いじわるな子もいなくて、乱暴な男子もいなくて、いつもほのかにいい香りがして。女子が集まる独特のやさしい感じが大好きだったんだけど。

他の学校は違うのかな?

うちは、キリスト教系の学校で、お勉強よりも心を磨きましょう!皆さん小さいマリア様になりましょう。という感じの校風だったな。なので、勉強を強いられることもなく、心優しいシスター達に囲まれて、ちょっと不思議なところに来た感じは最初したけど。

まぁね、校内に男子がいないということは、素敵なときめきもないわけなんだけど。私はのぼーっとした子だったから、恋愛には無関心。それを辛くは感じなかったんだよな。進んでいる子達は学校外で彼氏を作ってたけどね。

すごく覚えているのは、入学したときに、先輩がとっても女性らしくて、どきどきしたこと。自分が子供だーって痛感した。私も先輩の年になったら、女性らしくなってるのかな?と不安と期待。実際は、自分がその年になっても、女性らしくなった~とか実感することはなかったけど、合唱コンクールで、自分たちの歌声が下級生たちよりも成熟して潤っている感じがしたのは感動したな。

子供を持つなら女の子がいいし、同じ学校に行ってほしいなって思っちゃう。けど、男の子がうまれたら、そんなこと言ってたのも忘れて溺愛するんだろな(笑)
[PR]
by cariie | 2014-04-18 17:54 | ブログ