しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

秋の一日

晩秋の段々と冬に向かう感じって、自分のホームに居ても、切ないような旅情を感じます。

痩せた木に斜陽が当たって、長い影が出来ている公園を見掛けたりすると、胸がきゅっとなります。ただ町を歩くだけで、素敵な気分です。

夏から急に秋になったので、これから冬へはゆっくりと変わっていく様子を楽しみたいなでも、もうお花屋さんにポインセチアが並んでいるのを見付けたんですよ。クリスマスか~。

コムロテツヤのニュース、ドラッグ系の悪い噂はチラホラ聞いたことはあったのですが、まさか詐欺とは…。でも、あそこまでの頂点に甘んじた人間が、急転直下で膨大な借金抱えれば、逮捕などの大きな外的力で人生壊してもらわないと、自分では人生をリセット出来なかったかもしれないですね。自業自得と気にしていなかったけれど、迷惑かけない様にと奥さんと逮捕直前に別れてたとか、逮捕されたやつれ果てたた写真など見ると、自分なりに必死にもがいてはいたんだと、人の誰にでもあるだろう弱さに、複雑な気持ちになります。

そして、どんな時でも世界は動きを止めない。アメリカが選んだ希望、オバマ氏に、人間の人としての強さを見る、とても印象深い一日でした。
[PR]
by cariie | 2008-11-05 21:15 | ブログ