しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

あなたの視線と、私の視線


b0048310_11170820.jpg



うぬぼれでは無く、私はこの子にいつもうっとりと見られている。



それは、小さい子供が母親を見る視線のよう。



母親と離れるにはまだ小さすぎる頃に、家にやってきた小さい黒い、かわいい子。私も時々、子供がいれば、こんな風に愛しいのかな、と思って見てしまう。



もしも、ネコが人間が思っている以上に頭の中で色々思っていたら、もし、大きくなったら自分も人間と同じに大きくなれると思っていたら。。。



なんて考えてしまう。それは私の勝手な思い。でも、少し切なくなって。



時々、抱き上げ、頭を自分の頭の高さまで持ってくるのは、私が見ている風景を、見せて上げたいと思うから。



ほうらね、見える?私はこんな風景を見ているんだよ。



そんな事を思っていても、その頭はじっとこちらを向いたまま。ボクは、自分の高さで見るんだよ。それでいいんだよ。



必要以上に欲張らない。自分のやりたいことだけをやる動物。人が羨ましいだとか、人と比べてどうだとか、そんなこと、考えるのは人間だけだよ、って言われている気がする。


[PR]
by cariie | 2008-11-09 17:19 | ブログ