しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

美容室が決まらない人

b0048310_11165306.jpg


私は、美容室をさすらい歩く流浪人。。。

実家を離れて以来、いつもいっていた美容室に行くのは遠すぎて、近くにある美容室を回って定まらずの日々が、もう二年以上になった。

髪も性格も一癖二癖ある私。中々新しい所に馴染めない。覚えきれないほど回ってみて、自分の目安になる事があることに、近頃気が付いた。

色々回っています、と言った時に、他の美容室の事を知りたがるのは多い。両極端に別れ、悪いところを知りたがる所、良いところを知りたがる所がある。

良いところを知りたがる所は、女性オーナーが多く、悪いところを知りたがるのは、男性オーナーが多いということ。

そして、その両方共に私にとっては、居心地の悪い場所であったということ。

自分のお店のスタッフと仲良く会話を交わしているオーナー、後輩を叱るのではなく上手に指導しているスタッフのいる美容室は、居心地良く、他のお店のお話は、どこにあるだとか、名前を聞いたことがあるという程度。お話も、心地良い。そういうところでは、伝えるのが難しい私の髪のこと、ゆっくりしっかり伝えられる。

どれだけの技術があるか、どんな薬剤をつかっているか、それらは、行く時にはとても重要に思って選んで行ってみるけれど、結局技術うんぬんよりも、うまくコミュニケーションがとれたなら、仕上がりはほぼ満足がいくものになるようで。

重点を置くべきは、私の場合、どのくらい意志疎通が出来るかのよう。その目安として居心地の良さを、薬剤や技術力より前にもってくるほうが良さそうだということ。

いつこの美容室流浪人から、固定客になれるのだろう。
[PR]
by cariie | 2008-10-24 21:46 | ブログ