しっぽの周りで世界は回る

cariie.exblog.jp
ブログトップ

ありがとう

近頃、どこにいるかわからないね。



よく言われる。



全くだ。



自分でも、分らなくなる。



朝起きて、部屋を見回して、今自分がどこに居るのかを確認。



あっちに行ったり、こっちに行ったり。



昼間も、福岡中を移動していて、いったい今自分がどこに居るのか、何しているのか、分らなくなる時があるの。



でも、今は、忙しすぎて、日中、感じる事が麻痺しているようで、何にも考えていない時間がほとんどだから、メンタルな私には反って過ごしやすい日々なのであーる。



ただ、一日にこなさなければならないことが多すぎて、やり忘れが無いかと、慌てすぎて事故を起こさないか、心配。





一日に何度も都市高速に乗るのだけれど、一日一回、事故を見るくらいの頻度で、高速道路での事故を見かける。



幸い、乗っている人たちが皆無事そうな事故ばかりで、車の様子からも、死亡事故ではなさそうな事故だけなんだけど。



でも、やっぱり、事故で体を不自由にしてしまった父の、あの事故の記憶が甦り、その場に停まってしまいそうなほど、精神的にはダメージがあって。そういう時は、感じる、が甦っている。



ご無事でありますようにと、祈りながら横を通り過ぎる。



せかせかと、無い頭で必死に動き回る、明日の私が、そこに居るのかもしれないと、通り過ぎて思う。





ありがとうとか、ご苦労様とか、よくやっているねとか、労いの言葉をよくいただくのだけれど、やりたいことをやれるということは、本当にありがたいことなのだ。こちらこそ、ありがとうございます、なんだ。



やってあげたいのに、差し伸べる手が無い、かけつける足が無い、伝えたい言葉さえ音に出来ない。病院に居るとそういう方達に沢山出会う。やってあげたいことを、やってあげたい人に、思う存分やって上げられる。それが出来るということは、私にはなんの不自由もなく動けているという事、大変な恩恵の元でのことなんだ。



こんなに貴重な日々を送らせてもらっている。



何に感謝したらいいのか分らない。



でも、涙が溢れるほど、感謝の気持ちで、胸が苦しくなる。



ありがとう。ありがとう。ありがとう。


[PR]
by cariie | 2008-02-06 23:12 | ブログ